最新の福祉 ニュース

福祉業界の人材不足を解消するために

日本の高齢化が加速しており、介護に必要な人材が不足しています。
厚生労働省の推計によると、団塊の世代と呼ばれる人達が75歳以上となる2025年には、介護に関わる職員が33万人も不足するというニュースがありました。
その主な要因は、少子化に歯止めがかかっておらず、生産年齢人口の中でも若い世代の労働力不足があります。
実際には、介護に携わる人材の数は増加傾向にあります。
しかし、物理的に、介護に必要な数に追いついていないのが現状です。
この問題の解決に向けて、いくつかの方策がとられています。
つまり、福祉全体の人材確保を実現する方法です。
まず、国内の大学や専門学校において、福祉を主専攻とする学部や学科の増加が1つです。
これによって、将来的に、福祉業界に関わる人材を育成しようとしています。
次に、外国人の登用です。
外国人技能実習制度の対象に介護が加わります。
つまり、外国人が日本で就労するための在留資格に介護職が加わったことで、外国人の労働力に期待が持てます。
但し、このためには、対象となる外国人には、言語の壁を乗り越えてもらい、資格の取得が必要となるので、受け入れる日本側も少し長期的な視野で考えなければなりません。

Copyright(c) 福祉 ニュース . All Rights Reserved.